運動不足を解消しよう!

コラム

こんにちはWELBEXです。

いつもご利用ありがとうございます。

Withコロナになりデスクワークや在宅勤務で運動不足になっている方が増えてます。運動不足は、肥満や生活習慣病のリスクを高めるだけでなく精神的にも悪影響を与えてしまうため、食事や睡眠と併せて意識的に取り組みたい生活習慣。
また、運動不足の自覚がなく、今の自分にはどの程度の運動が必要なのかわからないこともあるでしょう。

そこで、ここでは自分が運動不足かどうかを簡単に診断できるチェックリストをご紹介。運動不足が引き起こす心身の不調や、運動不足解消のためのポイントなども見ていきましょう。

運動不足チェックリスト

まずは、自身の生活習慣や運動習慣を振り返り、運動不足かどうかを確認してみましょう。次の10項目のうち、いくつあてはまるかで診断することができます。

  •  体を動かすことをおっくうに感じる
  •  寝起きから動き出すまで時間がかかる
  •  階段ではなくエレベーターやエスカレーターを使うことが多い
  •  少し階段を使っただけでも息切れしやすい
  •  少しの距離でも歩くとなると嫌になる
  •  夕方や夜になると疲れを感じやすい
  •  慢性的な疲れを感じる
  •  休日は家でごろごろしている日が多い
  •  しばらく体重を量っていない
  •  運動する時間を確保できていない
  • チェック数が02

現状、運動不足には陥っていないといえます。食事の栄養バランスや十分な睡眠をとることにも注意して、引き続き積極的に体を動かす習慣を継続していきましょう!

  • チェック数が37

運動不足といえそうです。今の生活習慣を続けていると、免疫力の低下や生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。なるべく階段を使う、1日10分程度のストレッチを行うなど、まずは軽めの運動を習慣づけてみましょう。

  • チェック数が810

深刻な運動不足に陥っているでしょう。急に運動を始めると心身にストレスがかかる可能性が高いため、無理なくできる体操や散歩などから実践していくと◎。お風呂上がりや寝る前のストレッチも効果的です。

不健康にならない為にも日頃からの運動習慣を大切にして行きましょう!!

関連記事一覧