内臓脂肪を落とそう

コラム

こんにちはWELBEXです。

いつもご利用頂きありがとうございます。

 

本日は「内臓脂肪」についてです。

内臓脂肪とは、胃や腸の周りにある「腸間膜」に蓄積する脂肪です。

内臓脂肪の増加はなぜよくないか。それはすべての病気の根源といえるからです。

・脂肪細胞から分泌される物質が血糖値のコントロールに重要な役割を果たすホルモン(インスリン)の働きを妨害・邪魔をし,よって糖尿病を引き起こしてしまう。

・動脈硬化を防ぐ物質の分泌が減少し、動脈硬化や心臓の病気を引き起こす。

・認知症を引き起こしやすい。

上記のように健康面で様々なリスクを生じてしまいます。

身体のシルエットもポッコリお腹でバランスも崩れてしまいます。

 

腹囲85センチ以上(男性)90センチ以上(女性)ある方は注意が必要になってきます。

又、体組成計で内臓脂肪レベルが9.5以上の方も注意が必要です。

そこで大事になってくるのが、食事と運動です。パーソナルトレーニングジムWELBEXでは、数値とDNA検査を使用してそのお客様に合ったトレーニングメニュー・食事指導をしていき脂肪の減少へと導いていきます。

1人で悩まずお気軽にご相談ください。

 

ぽっこりお腹・病気リスクの高い身体を解消し、いつまでも若々しく健康な身体をめざしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧