三大栄養素の一つたんぱく質とは?|池袋パーソナルジム

コラム

こんにちは!WELBEX池袋西口店です。

いつもご利用いただきありがとうございます!

食べないダイエットや糖質制限ダイエットがおススメできない理由の一つに、栄養が不足することで健康的に悪いということが挙げられます。

特に三大栄養素であるたんぱく質、糖質、脂質は不足すると、体に様々な弊害が生じます。

今日は、その三大栄養素の一つ「たんぱく質」について・・・。

たんぱく質は、アミノ酸が結合した化合物で、筋肉や臓器、髪の毛、爪など私たちの体を作っている大切な栄養素です。

人の体の約60%は水分ですが、15%~20%は、このたんぱく質からできています。

このたんぱく質。20種類のアミノ酸から構成されています。

20種類のアミノ酸の内、11種類は体内で合成できますが、残りの9種類は体内で必要な量を合成できないので、食事から摂取する必要があります。

これらの9種類のアミノ酸のことを、必須アミノ酸と呼んでいます。

【必須アミノ酸】

バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン

体を構成しているたんぱく質は、日々作り変えられています。

古くなった部分は分解されて体外へ排出され、食事から摂取した新しいタンパク質で再生されているのです。

体を再生するために約50~60%は、体内に蓄積してあるアミノ酸を利用していると言われています。

残りは、食事から摂取したたんぱく質を利用しています。

なので・・・

毎日、適量のたんぱく質を食事から補う必要があるのです。

食べないダイエットは、充分なたんぱく質の摂取ができないので、体の再生を妨げることになり、美容や健康維持に影響するのでおススメできないのです。

 

関連記事一覧